スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

こちらは中央大学アイドルゲーム研究会の公式ブログです!
現在アイドルマスタ―を中心に活動中! 
Twitterで告知するには文量が足りない時、TLに流れないようにしたいとき、色々な感想などを書く時にこちらのブログで書いていきたいと思います!
スポンサーサイト

打ち上げパーティー レポ

 皆さん、明けましておめでとうございます!(遅すぎる) 会員 1 年の三冠王です!
長らくブログの更新をしてませんでしたが 2015 年こそはアクティブに活動していきたいと思います!どうぞよろしくお願いします。
年が明けたと言えば。ついに今年はアイマス 10 周年の年ですね!早くも 1 月からシンデレラのアニメが始まり、ミリオン 2nd なども決定していて"あの"忙しかった 2014 年を軽く超えそうな予感がしています。
 
 そして!ようやく 765のほうも年が明けましたね!打ち上げお疲れ様でした!もう何から話せばいいのか・・・!とりあえず念願のドーム公演決定!おめでとうございます!もうどんな予定ですらぶっ飛ばして西武ドーム直行ですね。まぁ詳しい話は後ほど。
打ち上げはもちろん LV 組だったのですが、とにかく楽しかったです。みんなで映画館でニコ生みたいなものを見るのがこんなに楽しいとは思ってませんでした。あと、腰を落ち着けて見ることができたので今回は LV でもよかったのかなぁなんて思ってます。会場限定 T 欲しかったけど(泣)

今回は感想レポートということで、打ち上げのことを話しながら自分で勝手に感想を言っていきたいと思います。
 まずは歌マス。まぁこれは予想できたというか当然でしたね。実際に劇場版の最初も歌マスでしたし、やっぱり 765 のイベントは歌マスがほしいです。でもライブの時のような Tシャツにリストバンドみたいな恰好ではなく普通の服装でペンライト振り回すのは違和感ありますねwある意味新鮮でした。
 ひとしきり温まったところで乾杯。いよいよ打ち上げがスタート。
最初の余興はパネルクイズ。問題の難易度はいわゆる"ガチ"。てっきり P なら誰でもわかるような問題を予想してた自分としては全力で苦笑。というかガミ P が好きなおにぎりの具とか知らんわ!そもそも「チーズしそひじき味」なんてものがあることすら知らなかった。ちなみに期間限定の商品だったそうで、もう販売していないそうです。さすがアブノーマル。結果はミリオンチームが勝利し豪華景品はミリオンチームへ。事務所へ送られるそうです。でも見る限りお酒あったけど未成年のキャストにはどうするんだろう?とかどうでもいいこと考えてました。
 
 パネルクイズに続いては祝電。ここでいつもの人たちが登場しました。(メンバーについては言う必要もないと思ったので割愛します)そして今回の打ち上げに参加していないガールズや監督などからの祝電・ビデオメッセージを紹介。さらに当日誕生日だった浅倉さんと 19 日が誕生日の平田さんをお祝い。サイリウムをろうそくに見立てる演出は綺麗でした。おめでとうございます!
 
 その後衣装を変えるためにキャスト陣が下がり、ステージにはまさかのいつもの人だけに。アイドルのイベントでこれはまずい、非常にまずい。しかしそれが許されるアイマスは懐深いなぁとも思いました。
話は製作時の苦労話や劇場版に関する様々なイベントの裏話などでした。年表みたいなのを見るだけでも本当にいろいろあったんだなぁと思ったし、その裏話を語ってる時の顔を見ると本当に仕事が楽しいんじゃないかなーと感じました。また、つくづくスタッフの愛にあふれてるなぁとも思いました。年表でのイベントの多さもそうですが、そもそも 1 年
以上も前の映画の「打ち上げ」を行い、しかもイベント自体は大赤字。普通ではまずイベントなどやらないような状況でもやってしまうのはやはり愛ゆえなんじゃないかなぁと。

 また、この打ち上げパーティーには監督や石原 P が言っていたように振り返るという意味合いがあったと感じました。自分はアニメからの P なのですが、アニメ、劇場版という一連の流れの中には常に念頭に置かれていた「団結」とか「いっしょ」といったテーマがありました。しかし 2014 年はいろんな意味で忙しく、自分の中でアニメから 3 年ほど続いていた流れを少し忘れていた節があったと思います。今回の打ち上げパーティーにはその流れを思い出し、振り返るということができたので意味があったんだと思っています。だからこそ、その「振り返り」を象徴した後半に流れた VTR は極端に言うと自分の P としての人生全てをまとめた VTR のように感じましたし、最後に西武ドームの文字が出たときには本当に言葉に表せないような歓喜のようなものに覆われ、気付いたら普通に泣いていました。遂にドームに行けるまでにアイマスが成長し、自分も他の P の方に比べれば短い期間ですが、その成長過程に関われたのが本当に幸せです。アイマスと出会えて幸せです。本当に。
 
 その後歌われた M@STERPIECE と虹色ミラクルに関してはもう言うことないです。自分はもうこの時既に感傷に浸っているという感じでとても静かにしていたのを覚えていますw
前後入れ替わりましたがドラマもよかったですね。普段アフレコはああいう風にやってるのかーと言う感じで興味深かったです。
 
 そして最後は恒例の一本締め。こんな感じであっという間に 3 時間が経ち打ち上げは終了。最後に若林さんの出産の報告をしてくれて嬉しかったです。繪里子さんや今井さんに至っては泣いてました。本当にうれしかったんだろうと思いますし、若林さんもすごく幸せ者だと思いました。本当におめでとうございます!あと勝手にお祝いしてすいません!
以上で大体打ち上げレポートは終わりです。主観的要素が強すぎてレポートになっていないと思います。すいません。あと、毎度のことなんですが長文失礼しました。
 
 2015 年はいよいよ 10 周年。前述のように西武ドームでのライブも決定し、いよいよ実感が湧いてきましたね。今年は MA3 シリーズも発売されますし目が離せません!10th というあまりにも大きい目標が達成された後にどうなるのかは自分には見当もつきませんがきっと大丈夫だと信じています。(それもこれも DLC の売り上げにかかっているのかも?)

コミックマーケット87について

こんにちは。 新しく広報の担当になったやっさんと申します。
一段と寒さが厳しくなってきましたが、もうすぐアツいイベントがやってきますね!
そうですコミックマーケットです!

今回、なんと当会は見事 当 選 しました!! いやーめでたい。
そんなわけで今回はスペースがあります。
火曜日西な10a となっていますので是非お立ち寄りください。

肝心の頒布物ですが、会誌『Ci-m@s』C87号を作りました! 今回はなんとフルカラー表紙!!
内容は9th、聖地巡礼、ぷちます、など今回もバラエティーに富んだものとなっています!

頒布価格は500円を予定しています。
また、夏コミで頒布したC86号も同じ価格でご用意する予定です。
どちらも手に取ってくださるとありがたいです。
お互いに風邪などひかぬよう注意して、万全の態勢でコミケに臨みましょう。

それでは会場でお待ちしてます

9th大阪レビュー


こんにちはー!広報班の三冠王です。

夏真っ盛りですねーとにかく暑い!でも夏と言えばアイマス!そしてライブです!
ということで9th大阪お疲れ様でしたー!
自分は両日参戦。金欠なので当然新幹線など使えるはずもなく、青春18きっぷでの片道10時間という長旅wぶっちゃけ辛かった(前日物販に行くために単位を捨てたことは秘密ね)。

でも、ライブは・・・もう最高でした!ヤバい!これ以外に形容する言葉を僕は知らないくらいによかったです。実は、当初現地初参戦&出演者6名ということで心配していた部分もあったのですが、その心配もどこへやら。むしろ出演者が増える東京をはじめとしたツアーのこれからの展開に期待が高まりましたね。ガールズたちが口にしていた、「765プロらしさ」とはまさにこれだなと確信できました。まさに”WE ARE M@STERPIECE!!”

それでは興奮が収まらない内に感想を。
といっても全部は書ききれないので一部抜粋という形になります。

ツアーの最初は衝撃からでした。釘宮さんが体調不良とのこと。さらに初日はほぼ最後列だったことも重なり、ラムネ色あたりまであまり盛り上がれなかったのは残念なところでした。でもトークパートではいつもの釘宮さん、って感じでしたし、ソロを2曲も歌ったことから、これは大丈夫だろうと思えました。
怒涛のソロパート、そのトップの下田さんは先駆けとしてとても重要な役割を果たしたのかな、と思います。本当に盛り上げるのに長けていると感じます。あさぽん可愛い。特に「おとなのはじまり」は皆で歌うことが目的、醍醐味といえる曲なので皆でアハンウフン言えて本当に楽しかったです。2日間でセトリが変わった3曲目は「ジェミー」と「微笑んだから、気づいたんだ」。いずれもちっとり、もとい落ち着いた曲です。それまでの盛り上がる曲とは少し方向性が変わり、いつもは表に出さない、心の奥で思っていることが歌になった感じで、やはり亜美、真美も1人の女の子で、亜美真美とひとくくりにはできない、と思うと自然と涙がでてきましたね。この子たちをプロデュースしたい!とも思いました。個人的にも一番好きだったのがジェミーだったので嬉しかった。

続いて浅倉さん。2日目「Kosmos, Cosmos」が流れたときはオォッ!となりましたね。会場も皆イントロで気付き、一気に衝撃と歓喜の渦が広がったのを肌で感じ、思わず鳥肌がたちました。実はフル版を披露したのが落合さんの時を含めても今回が初めてらしく(自分は知らず、あずみんがその事をトークパートで言って初めて知りました)、遂にこの時が来たか、と。やはり落合さんのあとを継いだという事実が消えることはありませんし、その事で浅倉さん本人も重圧を感じたり、悩んだりしたのではないかなと思います。でも、落合さんでさえ成し得なかったことをあんな完璧な形でやってしまったことで、やっと雪歩が板についた、というか浅倉さん自身が雪歩を自分とシンクロさせられたのかなぁと思いました。事実、浅倉さんがCVを務め始めたころの音源を聴くと、必死にCV落合祐里香に似せようとしているのがわかります。しかし、最近の音源ではそんなことはなくCV浅倉杏美が確立されている印象を持ちました。
まぁ浅倉さん以外の雪歩を知らない僕が語れる話ではないですね、はい。すみません、話を戻しましょう。
「ハミングロード」は間違いなく悩殺ものでしたし、「ALRIGHT*」はなんていい曲なんだと思いました。歌詞が雪歩だけでなく浅倉さん本人にも語りかけているように感じて涙を禁じ得なかった。

前半最後の滝田さんに関しては、本当にいい意味で小鳥だなぁと思った2日間でした。トークパートの時は滝田さんそのものだった代わり歌はID:[OL]をはじめとし、「空」、「君が選ぶ道」、「光」がアイドルや事務所を陰で支える小鳥のポジションを体現したものになっていると感じました。その中でも特に「光」に関してはおかえりなさい、いってらしゃいと言われ、765プロこそホームであり、そしてそこには小鳥がいつも待ってくれていると思えて涙が止まらなくなりました。もしかしたら人生で一番泣いたかもしれない。(ちなみに4列目だったのでBDでは僕の泣き顔がみられるかも!お楽しみに!蒼白)

そしてカバーコーナー。まぁ曲は王道って感じでしたね。少し意外だったのが「YES♪」ですかね。でもとてもいい曲だと思いますし、好きな曲なのでよかったです。全曲に共通して言える事ですが、今回はソロでのカバーだったわけですが組み合わせが良かったかな、と。というのもサイリウムを2色組み合わせたときにすごく綺麗だったから。なにかソロだけど、2人で歌っているような錯覚を覚えました。

後半は「待ち受けプリンス」から。個人的には中盤のセリフは真がいいよなぁ~と考えてましたが、そんなことは無かったですね。浅倉さんが振り付けつきでやってくれましたが、マジで可愛かった!これは・・・アリですね!そもそも曲調的に盛り上がれる曲なのでこれは楽しかったです。

ソロパートは沼倉さんから。もうポテンシャルが高いとしか言えないですね。リアルに響です。歌もうまいし、なによりもダンスのキレが凄い。個人的には「しあわせのレシピ」の最後でおたまでハート書いたところでもう死にそうになりました。そして「Rebellion」。SSAライブで流れたときにサイリウムが浅葱色が一気に赤色に変わるという話を聞いていたので一応持っていきましたが、本当に一瞬で変わりましたねー。あれには感動を覚えました。イントロの割と静かなところで会場の至る所からウルトラレッドを折る音が聞こえてきて笑いそうになると同時にまだちょっと早くないか?とも思いましたが。とにかく沼倉さんのパフォーマンスにはただただ拍手を送るばかり。さすがでした。

続いては釘宮さん。2日間通して一番良かった、印象に残ったのは間違いなく彼女ではないでしょうか。体調不良を知ったときはどうなるのかと思ったのですが、初日にも顔を出しソロ曲を歌ったことはすごいと思いますし、なにより2日目には「フラワーガール」を含めてソロを4曲も歌うということをやり遂げてました。ここで僕は13話を思い出しました。思えばメンバーの欠如、台風の接近、雨天など重なる所は多いような気がします。そして「自分REST@RT」を聴いた時、本当に13話と同じじゃないかと。釘宮さんの体調不良が演出であるはずがないのに、それでも状況があまりにも似ていたためそう思わざるを得なかったです。とにかく、釘宮さんは圧巻でした。「DIAMOND」は本当にアイドルとして輝いていると思いましたね。しかもそれを軽くこなし、トークパートではいつもの釘宮さんだったところには本当に圧倒されました。今さっきの歌は何だったんだ!?とても歌った直後には見えない!(いい意味ですよ?)という感じ。プロとして、バックグラウンド関係なしにステージで歌えるというところに感動し、また尊敬しました。ちなみに・・・個人的には一番予想外だった「Sentimental Venus」でテンション上がりました。(それが言いたかっただけです、あれいい曲ですよね。)

最後は今井さん。やはり今井さんの歌にはなにか感じるものがありますね。そして毎回千早に見える。「眠り姫」、「Snow White」はいつもの千早でしたし(ミンゴスもそう言ってましたね)新曲の「Fate of the World」も本当に千早映えする曲かなぁと思います。また、今井さんからは本当にアイマスに対する愛が感じられますよね。ステージ裏で自分が歌わない曲まで踊っていたという話もそうですが、なんというか本当に全身全霊でアイマスに関わっている感じが伝わってきます。2日目の「M@STERPIECE」後、他の演者はアンコールに備えてか、早々に引き揚げていった中、今井さんだけ一人で手拍子を続け、ステージに残ってくれていたのを見たときに、少しでもライブを盛り上げようとしていたのかと思いとても感動しました。

そして「M@STERPIECE」、「ONLY MY NOTE」、「READY!!」の3曲に入るわけですが、この選曲、並びにはとても意味があるんじゃないでしょうか。
まず、「M@STERPIECE」。この9thライブでは今まで積み上げてきた765プロらしさを出すのがテーマであり、そのために懐かしい曲が歌われたのなら、それは「M@STERPIECE」も例外ではないのでしょうか。これまでの765プロは一種の完成形で、「傑作」であると。でも歌詞にあるようにNEVER END IDOL。これからも765プロは続いていくんだということを示したのではないか。さらにそのことを確信づけたのが最後のアンコール2曲の「ONLY MY NOTE」と「READY!!」と言えるでしょう。共に始まりを印象づけるような2曲は、9thツアーがまだまだ続くことを示しただけでなく、まだまだ765プロのトップアイドルを目指す物語は終わらないということも印象づけてくれたような気がします。

大阪のレビューのつもりがついつい長くなりましたね。今回はこの辺で終わりたいと思います。とにかく9thはまだ始まったばかり!2週間後には名古屋も控えています。ここからのアイマスの展開に大いに期待しながら今回の記事をしめたいと思います。

コミックマーケット86で配布予定の会誌『Ci-m@s』について

どうもこんにちは広報の頭ホンです。
夏ですね!
そんなわけで今年もやってくるコミックマーケットについてなんですが、当会は残念ながらスペースがですね……

落 選

となっております。残念です……

とはいえ会誌は完成しました!

会誌の名前は『Ci-m@s』去年と同じ会誌名ですね。
落選してしまった当会ですが幸いなことに会誌を委託して配布が可能となりました。
委託先は

日曜西み08aの早稲田大学アイドルマスター研究会さん
西地区ゆ17bのMioreadさん
西地区ゆ14bのStage on paperさん

の三カ所となっております!
どうもありがとうございます!

会誌の内容ですが、今年の会誌は今年度新規入会の会員がメインで記事を書いてくれています!
去年の夏コミでも配布を行なった当会ですが、その時とはまた違った新入会員の新しい風を感じていただけるものになっているかと!
アニメ、ゲーム、音楽、ファン、様々な観点から考察したアイマス記事の入った一冊になっています!

頒布価格は500円を予定しています。
お立ち寄りの際はお手に取ってみていただけると会員、ブログ更新している私なんかがとても喜びます。
今年も暑いですね、コミケ参加者の皆さんも水分補給や暑さ対策等十分に行なうようお気をつけ下さいませ。(今年もコミケ雲とか起こるんですかね?)

それではまた〜
プロフィール

中央大学アイドルゲーム研究会

Author:中央大学アイドルゲーム研究会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。